お花見名所の天気

さくらの名所を選ぶ

北海道
東北
関東・甲信
中部・北陸
近畿
中国・四国
九州
沖縄
  • 沖縄本島
  • 宮古・石垣
  • 久米島
  • 南大東島

4月19日発表 日本気象協会の桜開花予想

2017年の桜前線はスピードを上げながら東北北部を北上中です。17日には青森で桜が開花し、平年より7日早い開花となりました。
東北北部は、この先1週間で満開を迎えるところが多くなるでしょう。
一方、開花が遅れていた九州地方では、13日に大分、15日に鹿児島で1953年の統計開始以来最も遅い満開となり、東北南部と同じころに見ごろを迎えました。
桜前線は来週前半に津軽海峡を渡り、道南では平年より早く桜が開花する見込みです。
ゴールデンウィーク前半には札幌に到達し、後半にはお花見が楽しめるでしょう。

2017年桜開花予想

先週末は全国的に気温が高く、九州から東北南部の多くの地点で夏日を観測しました。
東北北部や北海道でも20度を超える暖かさとなり、花芽の生長が進んでいます。

東北地方は、今週末にかけて雲が広がりやすく、気温は3月下旬から4月上旬並みとなるところが多い見込みです。
その分開花から満開までに時間がかかり、桜を長く楽しむことができそうです。日曜日は晴れ間が出て、お花見日和となるでしょう。
また、長野県と岐阜県の標高の高い地域では、見ごろを迎えているところが多くあり、満開の桜を鑑賞できそうです。